シービスケットを考える


ちWAっす!!
映画ウォッチャー不二です(年間3本!←すくねえ)

つわけで映画を見てきたわけですよ
タイトルはシービスケット。
舞台は大恐慌のころのアメリカ。
売れ残るに売れ残った上に酷使されて荒んじゃった馬、シービスケットを
過去に失敗や挫折を持つ人間たちが育てあげ
アメリカ中の話題をさらいつつ超人気馬として成長を遂げる。というオハナシ。
もうこのストーリーだけで観に行くこと確定した気がします
しかもJRA推奨映画!
この時点でロードオブザリングは超えました。
そして武豊も「ホント、おすすめです」
とか言っちゃってたり。
この時点でラストサムライよりもアカデミーです。


まあそんなひいき目は忘れてとりあえず観ようではないか
というわけで、観たいと前々から言っていた競馬場でよく合う同志の
隠れ氏とともにレッツゴー映画鑑賞!
函館名物の市電を利用して大門へ!(軽く函館PR!)
そしておなじみの東宝劇場へ・・・と思いきや
隠れ氏があらぬ方向へ歩き出す。
「まだまだ函館に慣れてねえなあ」などと思い
「そっちからじゃいけねえよー」と声を掛けてもしらんぷり。
しょうがないのでついていくとそこにはシネマ大門などという奇怪なビル。
なんとそこにはシービスケットのポスターが!




なにここ(゚Д゚)!!




どうやら、俺がしばらく駅前を歩かなかったせいで
シネマ大門というものが建っていたことに気付かなかったという大失態!
あー、そういや「みなみ風(北海道新聞の道南ページ)」で扱ってたかも・・・

かなりションボリしながらロビーへ。
で、グッズを買おうと金を握り締めてカウンターへいくも
売っているのはパンフレットのみ!
えー・・・
もっとストラップとかキーホルダーとか
鞍とか勝負服とかメンコとか
もっとグッズ展開してくれればいいのになあ、買うよ?好きな人は(俺とか
そんな不満はさておき、本編を楽しもうではないか。




なんかチャイムみたいなのと注意事項などがアナウンスされたりとか
なんか最新劇場っぽさを見せ付けられながら開演。


















感動しました!

















いや、もうこれはかなり感動しましたよ!
っていうか、軽く泣いた。

前半はややはしょり感が否めない感じがしますが
まあ、失敗までの経緯とかを表現する程度なのでOKとして
シービスケットと遭遇してからが熱い!
ケガしちゃったりトラブったりと色々な経験を経て、
さらなるスターダムにのし上がるシービスケット一行!
これは相当熱い!
久々に俺アカデミー賞ノミネート作品ですよ!

うわ、小説欲しい。
これはかなりオススメですよ!!
俺も観たから君も観ろ!


ってなわけで、感動しながらまた自戒!じゃなくて次回ー!!!




戻る

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット